ベジタリアンの食生活に変えたらお腹の調子がだいぶ変わった友人

ベジタリアンの食生活に変えたらお腹の調子がだいぶ変わった友人

ベジタリアンの食生活に変えたらお腹の調子がだいぶ変わった友人

 

腸内環境は、食物繊維と大きな関係があります。
食物繊維は、排出を促してくれるとのイメージが強い方々も多いでしょう。実際その通りです。いわゆるごぼう茶等の中には、多くの食物繊維が含まれています。ですのでそのお茶を服用した方などは、お通じが促されるケースも非常に多いのですね。

 

ベジタリアンの食生活で腸内環境に関する問題が解決

 

ところで数日前に、私はあるつぶやきサイトをふと見ていました。そして友人の1人が、少々興味深いことを話していたのです。野菜でお通じが改善されたとの話です。
実は友人は、数年前からお通じが悪くてお悩みだったのです。元から余りお腹の調子が良くない方なのですが、最近だんだんそれが悪化している雰囲気だったので、ちょっと食生活の見直ししてみたようなのです。

 

ある時に友人は、野菜類に着目し始めたのですね。野菜の中には多くの食物繊維が含まれているのですが、それがお腹の環境を整えてくれると期待しました。ですのである時から、友人は食生活をベジタリアンにした形になります。
ただ最初の内は、少々大変だったようです。今までは肉類を中心に食べていたので、食生活に違和感を覚えていたようですね。それでも自分なりに工夫をして、ベジタリアンの食生活を続けました。ちなみに数ヶ月ほどは、ベジタリアンの食生活を続けたのですね。
>>【菌パワ】乳酸菌が必要な人のための総合情報サイト

 

 

その結果、まずお通じが良くなってきたようです。やはりその原因は、野菜類の中に含まれている食物繊維だと思います。それが豊富な食材を摂取すれば、デトックスも促進されやすくなるものだからです。
それと友達の場合は、花粉症も良くなっていたようですね。実は子供の頃から、友達は花粉症で悩んでいたのです。

 

それで上記のような事情で野菜中心の食生活にしてみた訳ですが、ある時から花粉症も大きく改善されました。恐らくそれは、腸内環境が良くなったからではないでしょうか。花粉症などのアレルギーが生じるのは、腸内における抗体が暴走しているからです。免疫などが上手く働いてくれれば良いのですが、腸内環境の悪化に伴って、たまに悪い働きが生じる事もあるのですね。しかし食物繊維によってお腹の中が掃除されるので、花粉症も良くなっていたのではないでしょうか。

 

ですので友達のようにお腹の調子が余り良くない場合は、ベジタリアンの食生活を心がけてみるのも一法ではあります。ただし上記のように、最初の内は少々大変だと思います。三日坊主で中断してしまっては余り意味が無いので、ベジタリアンの食生活が長続きするように、自分なりに色々と工夫してみる事も必要でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ